クロジル 解約

クロジルを解約したい時は?

 

大人気のクロジルですが、定期購入品という事もあって、
解約したいけど、解約できないという情報を知りました。

 

実際は本当に解約できないのかどうか、調べてみました。

 

@コスメなどの口コミで「解約できない」という事に関しては、仕方がないとしか言えません。

 

それは、安く購入できる定期コースで、購入しているのに、合わなかった美味しくなかったなど
の理由では返品出来ないからなのです。

 

確かに体に合わないという事はよくある話だと思うのですが、
それを言われて、お店側も「分かりました、返しましょう」とならないでしょう。

 

お店側からすれば、これは本人が言っていることが本当か分からないという事も事実ですよね。

 

ですが、本当に体に合わない時には、クロジルのせいで体調を壊したという証明が出来れば解約するという話も通るかもしれませんね。

 

購入フォームの規約の部分に「定期コースや4回の継続」という文言がしっかり記載されていますので、申し込む時はしっかり規約を読み
守りましょうね。

 

4回継続後に関しては、特にペナルティなどもなく解約できますので、安心してくださいね。

 

ですので、クロジルの定期コースは規約を守れば問題なく解約できます。

 

クロジルはデトックスダイエットの補助食品ですから、体質改善なども含めると数ヶ月は継続しないと効果が出ません。

 

クロジルを継続して痩せている人や体の調子がよくなった人もたくさんいるので、よく考えてから申し込むといいですね。

 

クロジルの置き換えダイエットはおすすめ!

 

色々なダイエット方法がありますが、今回はクロジルで置き換えについて調べました。

 

クロジルの公式サイトでも、置き換えダイエットをお勧めしているようです。

 

一般的な成人女性のカロリーの摂取量は1800〜2200kcalですね。なので、それを超えないように抑える必要がありますね。

 

摂取カロリーを超える食事をしていると、太ってしまいますね。

 

もう少し具体的に書いてみます。

 

成人女性の摂取カロリー1800〜2200kcalなので今回は1800kcalで考えてみますね。

 

●朝食
食パン 6枚切り 177kcal
野菜ジュース  140kcal

 

●昼食
親子丼 614kcal
サラダ(和風サラダ)183kcal

 

●夕食
肉野菜炒め 700kcal

 

あっという間に1800kcalを超えてしまいました。

 

このように、少しでも間食があれば、確実に太ってしまいますね。

 

ちなみに、クロジルは11.4kcalなので、上記のメニューの中で、サラダや野菜ジュースをクロジルに置き換えるだけで1800kcalに抑えられますね。

 

特に高カロリーな、かつ丼やラーメン、天丼などはカロリーが1000近くになりますので、高カロリーな食事をする時は

 

3食のうち1食を置き換える必要がありますね。

 

そして、クロジルの良いところは甘くなく、お茶に近いというところです。

 

酵素やシェイクなどの甘いダイエットドリンクはカロリーも高いですし、食事に合わないし飽きますね。

 

今回置き換えに使うクロジルはそういった事がなく、食事に合わせやすいし低カロリーなので置き換えしやすいんですね。

 

ですが、最後に注意点もあります。クロジルはお茶に近いので、置き換えるとお腹が空きます!

 

なので、寝る前などの夕飯と置き換えがおススメですよ。

 

夕飯は我慢が出来ない!と言う人は、おかずやご飯を減らしてみましょう!

page top